執務室から@五月雨が率いる佐鎮

Twitterに書くにはちょっと長くなるような、提督の考えを書き連ねるスペースです。

カテゴリ: 攻略系

スクリーンショット 2022-03-29 23.00.10
まもなく冬イベが終わろうとしていますが、皆様の戦況はいかがでしょうか。
これから最終決戦に挑む人もいれば、掘りの沼にハマっていてラスダンのことは忘却の彼方という人もいるでしょう。

今回の甲作戦で多くの注目を集めた (と思われる) のが集積地棲姫III
これまで幾度となく彼女を焼き払ってきた艦娘たちといえども、HP6000となると簡単ではありません。
この壁をいかにして破るかがラスダン勝利へのカギ……


……本当にカギなんでしょうか?




続きを読む

このゲームにおいて、「触接」という言葉が出てくる要素はいくつかあります。

本隊の航空戦における触接
航空戦の攻撃力が上昇する。

基地航空隊の触接
仕組みは本隊の航空戦とほぼ同様だが、基地特有の仕様がある。詳しくはwiki参照。

③ 夜間触接
九八式水上偵察機(夜偵)」を持たせている場合に夜戦で発動する。
夜戦攻撃の命中率が上昇し、基本攻撃力が+5される。
この+5には夜戦CIや特効による倍率が掛かるので、最終的な攻撃力が大きく伸びる可能性がある。


本記事ではについて、実用上ここだけは押さえておきたいと思うポイントに絞って述べます。
詳細なシステムはwikiを読んでもらうのが一番確実ですので、計算の話はしません。



続きを読む

現在「帰ってきた鎮守府秋刀魚祭り」の漁場として開放されている秋イベE1。
特にゲージ2本目(E1-2)は秋刀魚だけでなく、海防艦やまるゆも高確率でドロップするため、提督達を大いに惹きつけています。

道中・ボスともに敵が弱いこともあって、掘り編成の自由度は高いです。
夕張、最上、阿武隈といった先制雷撃艦を中心とする軽量編成が多いようですが、戦艦や空母を組み込んでいる編成も見られます。
夏イベ後のインターバルが短くて備蓄が十分でない鎮守府が多い分、いつも以上に提督の知恵が試されているような気もしますね。

さて、現在の当鎮守府は資源の余裕はあるけどバケツが心許ないという状況にあります。
他の提督の掘り編成を漁っているとバケツ消費を許容して資源を温存するタイプが大半を占めており、なかなか真似しづらいと感じていました。

こうなったら自力で切り拓くしかありません。資源はケチらずバケツをケチる掘り編成というものを。



続きを読む

※この記事には特にまとまった結論はありません
※筆者の所持装備をもとに検討しています
友軍参戦前の記事です
※計算に用いる特効倍率は12/14時点の調査結果によるものであり、今後更新される可能性があります
※「検討結果」の編成は突破実績がありません。あくまで参考程度に考えてください
(参考:Dewy氏の投稿)




【目次】
夜戦検討
編成(制空)検討
支援検討



続きを読む

自分の鎮守府に最適化されているため、そのまま流用できるかどうかはわかりませんが、参考になれば幸いです。

【前提】
・司令部Lv120、艦載機は基本的に熟練度MAX
・資源消費は多少重くなってもいいので、キラ付けや支援の手間をなるべく省こうとする
・増設スロットに関しては「いつも必ず使う」装備だけ入っています。空欄は特に決めていないか、私が増設していないか(=大して重要じゃない)です

・編成画像は横3隻×縦2隻形式で、
  123
  456
 の並び順です。


【目次】
鎮守府海域 (1-x)
南西諸島海域 (2-x)
北方海域 (3-x)
・南西海域 (7-x)
西方海域 (4-x)
南方海域 (5-x)
中部海域 (6-x)


[2/28] 4-2ろ号特化を追加
[10/2] 4-5高速+最終携帯を追加
[7/1] 2-5水上反撃を更新
[6/3] 6-5下ルートに編成追加
[5/4] 5-2、3-5を更新


続きを読む

↑このページのトップヘ