このゲームにおいて、「触接」という言葉が出てくる要素はいくつかあります。

本隊の航空戦における触接
航空戦の攻撃力が上昇する。

基地航空隊の触接
仕組みは本隊の航空戦とほぼ同様だが、基地特有の仕様がある。詳しくはwiki参照。

③ 夜間触接
九八式水上偵察機(夜偵)」を持たせている場合に夜戦で発動する。
夜戦攻撃の命中率が上昇し、基本攻撃力が+5される。
この+5には夜戦CIや特効による倍率が掛かるので、最終的な攻撃力が大きく伸びる可能性がある。


本記事ではについて、実用上ここだけは押さえておきたいと思うポイントに絞って述べます。
詳細なシステムはwikiを読んでもらうのが一番確実ですので、計算の話はしません。



1. 触接すると何が起こるの?

航空戦の攻撃力が 112% または 117% または 120% になります。
上がるのは攻撃力だけであって、命中しやすくなるとか撃墜されにくくなるといった効果はありません。念のため。

触接を知らずに組んだ場合の攻撃力が100だったとき、触接を意識して組むと120になる可能性があります。
なかなか撃沈が安定しない硬めの雑魚でも撃沈できるようになるかもしれません。
少ない搭載数でも駆逐艦を蹴散らせるようになるかもしれません。


2. どうやったら発動するの?

単に「発動させる」だけなら条件は非常に緩いので、意識せずに編成を組んでいても勝手に発動していることが多いです。
でも有効に使うには、なるべく高い確率で発動しなるべく高い倍率になるように組みたいところです。


3. どうやったら発動率と倍率が高くなるの?

●発動率
・より索敵値の高い偵察機(水偵・艦偵)を、より搭載数の多いスロットに載せた方が発動率は高くなります。
艦上機と違って水偵の搭載数は普段あまり気にしていないかもしれませんが、大きいスロットに載せる習慣をつけておくと良いことがあります。
aoba_20211116_193231

・編成全体で、偵察機のスロット数を増やした方が高くなります。1スロよりは2スロ。
・航空優勢よりも、制空権確保の方が高くなります。


倍率
・より命中値の高い艦載機(水偵・艦偵・艦攻)を、より多くのスロットに載せた方が高い倍率を出しやすくなります。
最も高い120%の倍率を出すには、命中が+3以上の機体が必要になります。
レア水偵「零式水上偵察機11型乙(熟練)」が高く評価される理由のひとつは、命中が+3だからです。
aoba_20211116_194435


4. 発動率とか倍率とか、ひと目で分かる方法ない?

そんなあなたに制空権シミュレータ
編成を組むだけで触接発動率や倍率が簡単にチェックできます。

サンプル的なものをひとつ置いておきます。
下の画像は「超単純化した4-4編成」です。
このリンクから開くことができます。
screenshot_20211116_203050
シミュレータ上で「触接率」の横の「詳細」をクリックすると、発動率や倍率を確認することができます。
2021-11-16 20.33.13 noro6.github.io 70c0edd6ef7d
制空権確保の場合、航空戦の攻撃力は15%の確率で1.17倍、15%の確率で1.12倍になるようです。

では、次の2つの操作をしてから再度「詳細」を確認してみてください。
・「試製烈風 後期型」の1つを「彩雲」に変更
・「零式水上観測機」を「零式水上偵察機11型乙(熟練)」に変更


さらに彩雲の位置を変えたり、艦攻や水偵の種類を変えたりしてチェックできれば、もう触接に関してはマスターしたようなものです。多分!


まもなく秋イベ後段作戦が始まりますが、この記事がちょっとでも役に立てば幸いです。
皆様の健闘を祈ります。