前の記事の最後に書いた通り、E5(北太平洋海域)は次の週末に挑む予定ですが、
今日は予想以上に早くE4を突破できたこともあって、先のことを色々考えていました。

攻略wikiの情報を元に、編成や装備について分析してみます。

・ルート固定
wikiの情報によれば、
◆スタート時に潜水艦が3隻以上いるとA(ハズレ)で終了、そうでなければBへ。
◆Bからは高速艦で統一しているとC(渦潮)、低速艦がいればD(気のせい)へ。どちらもEへ合流する。
◆Eからは正規空母3隻でF(潜水2、空母2、戦艦1、軽巡1)、空母2隻以下では他いくつかの条件でG(潜水2、戦艦2、軽巡1、駆逐2)が確定。ランダムになる編成もあり。
◆潜水艦がいなければF、GからJ(ボス)が確定。潜水艦がいるとFからはH(ハズレ)、GからはI(ハズレ)へ。
だそうです。
敵に戦艦が多ければ多いほど大破の危険性が高くなりますし、ボス手前での事故撤退はできるだけ減らしたいところです。そもそも2戦目の戦艦棲姫が大問題ですが。

・制空権
艦載機計算器を活用してwikiに載っている数値と照らし合わせてみると、理論上は
大鳳改(Lv88): 烈風改烈風烈風零式艦戦62型(爆戦)
加賀改(Lv86): 烈風烈風烈風彩雲
という積み方で航空優勢が一応取れるようです。
とはいえボスに辿り着くまでに装甲空母姫や戦艦棲姫との連戦になりますから、艦載機もゴリゴリ削られることが考えられます。もっと余裕を見た方がいいでしょう。
空母2隻が砲撃戦で置物同然の状態になるのは勿体ないですし、
いくら戦艦を増やしても航空優勢が取れなければ連撃が封じられ、有効打を与えにくくなります。
撤退が多く疲労の蓄積しやすい海域で、大鳳を常時出撃させるのは難しいことも考慮する必要があるでしょう。

・空母以外の艦と装備
秋のイベントと違って夜戦マスはないので、重巡や航巡を連れていくのは難しいでしょう。戦艦オンリーです。
E3までの海域を考えれば言うまでもありませんが、水上偵察機を持たせて連撃装備にします。
ボスの離島棲鬼には三式弾がないとダメージが通らないらしいので当然持たせます。

・支援艦隊
E5を突破した提督の多くは支援艦隊を活用しているように思われますが、
使わずに突破できたという報告も確認しています。
秋のE5でも何度か使ってみましたが、適当に組みすぎてほとんど効果がありませんでした。
仮に使う場合は戦艦2軽空母2駆逐2がお手頃なようです。決戦支援ぐらいなら少しは出してみてもいいかも?


【編成計画】
というわけで、上記の要素を勘案して作った編成がこちら。

・武蔵チーム
武蔵改(Lv96): 46cm三連装砲46cm三連装砲三式弾零式水上偵察機
陸奥改(Lv93): 46cm三連装砲46cm三連装砲三式弾零式水上偵察機
比叡改二(Lv99): 46cm三連装砲46cm三連装砲三式弾零式水上偵察機
加賀改(Lv86): 烈風烈風烈風改流星改
赤城改(Lv86): 烈風流星改烈風彩雲
瑞鶴改(Lv86): 烈風烈風烈風流星改
制空値413

・大和チーム
大和改(Lv85): 46cm三連装砲46cm三連装砲三式弾零式水上偵察機
長門改(Lv93): 46cm三連装砲46cm三連装砲三式弾零式水上偵察機
金剛改二(Lv93): 46cm三連装砲46cm三連装砲三式弾零式水上偵察機
大鳳改(Lv88): 烈風改烈風烈風零式艦戦62型(爆戦)
飛龍改(Lv86): 流星改烈風烈風彩雲
翔鶴改(Lv86): 烈風烈風烈風流星改
制空値409

・予備
榛名改(Lv93) 蒼龍改(Lv86)

戦力のほぼ等しいチームを2つ用意しました。
まあゲージ回復との戦いではないので急ぐ必要はないのですが、色々な艦を使いたいという個人的な願望もあるので。
持てる戦力をフル活用できる海域ってなかなかないですしね。5-5?知らない子ですね

これでうまくゲージを削ることができたら、最後の方はチームを解体して何隻かを決戦支援に回して止めを刺す……と想定通りに進めばいいのですが。

オマケの海域として全力で楽しみに行くつもりです。わくわく。