執務室から@五月雨が率いる佐鎮

Twitterに書くにはちょっと長くなるような、提督の考えを書き連ねるスペースです。

・本ブログの基本方針については、第01号( http://admiral-luimago.teamblog.jp/archives/10938337.html ) をご覧ください。
・記事へのご感想、「こういうテーマの記事が読みたい」というリクエスト、その他雑談などはマシュマロで受け付けております。https://marshmallow-qa.com/luimago_jgqd

aoba_20220413_142102

決戦用駆逐艦の強い味方である水雷戦隊 熟練見張員ですが、特定の条件下では同じ装備構成でも熟練見張員の方が良い、という考え方があります。

具体的には、魚雷ガン積みかつLvも運も非常に高い駆逐艦旗艦に置く場合の話です。続きを読む

スクリーンショット 2022-03-29 23.00.10
まもなく冬イベが終わろうとしていますが、皆様の戦況はいかがでしょうか。
これから最終決戦に挑む人もいれば、掘りの沼にハマっていてラスダンのことは忘却の彼方という人もいるでしょう。

今回の甲作戦で多くの注目を集めた (と思われる) のが集積地棲姫III
これまで幾度となく彼女を焼き払ってきた艦娘たちといえども、HP6000となると簡単ではありません。
この壁をいかにして破るかがラスダン勝利へのカギ……


……本当にカギなんでしょうか?




続きを読む

このゲームにおいて、「触接」という言葉が出てくる要素はいくつかあります。

本隊の航空戦における触接
航空戦の攻撃力が上昇する。

基地航空隊の触接
仕組みは本隊の航空戦とほぼ同様だが、基地特有の仕様がある。詳しくはwiki参照。

③ 夜間触接
九八式水上偵察機(夜偵)」を持たせている場合に夜戦で発動する。
夜戦攻撃の命中率が上昇し、基本攻撃力が+5される。
この+5には夜戦CIや特効による倍率が掛かるので、最終的な攻撃力が大きく伸びる可能性がある。


本記事ではについて、実用上ここだけは押さえておきたいと思うポイントに絞って述べます。
詳細なシステムはwikiを読んでもらうのが一番確実ですので、計算の話はしません。



続きを読む

現在「帰ってきた鎮守府秋刀魚祭り」の漁場として開放されている秋イベE1。
特にゲージ2本目(E1-2)は秋刀魚だけでなく、海防艦やまるゆも高確率でドロップするため、提督達を大いに惹きつけています。

道中・ボスともに敵が弱いこともあって、掘り編成の自由度は高いです。
夕張、最上、阿武隈といった先制雷撃艦を中心とする軽量編成が多いようですが、戦艦や空母を組み込んでいる編成も見られます。
夏イベ後のインターバルが短くて備蓄が十分でない鎮守府が多い分、いつも以上に提督の知恵が試されているような気もしますね。

さて、現在の当鎮守府は資源の余裕はあるけどバケツが心許ないという状況にあります。
他の提督の掘り編成を漁っているとバケツ消費を許容して資源を温存するタイプが大半を占めており、なかなか真似しづらいと感じていました。

こうなったら自力で切り拓くしかありません。資源はケチらずバケツをケチる掘り編成というものを。



続きを読む

イベント海域を伴って10/29に開幕した秋刀魚漁。 
秋刀魚を33尾集めて漁を完遂した提督は、こちらの期間限定工廠任務を受けることができます。
aoba_20211103_195430

★maxまで改修した「Swordfish Mk.II(熟練)」を用意することで、「Swordfish Mk.III(熟練)」を入手できるというものです。
(秋刀魚は任務出現までに入手した分で足ります)
この任務は達成すべきでしょうか?それとも見送ってよいでしょうか?

本記事では任務達成にかかるコストと、貰えるのがどんな機体であるかをそれぞれ述べますので、判断の材料としていただければ幸いです。


続きを読む

↑このページのトップヘ