執務室から@五月雨が率いる佐鎮

Twitterに書くにはちょっと長くなるような、提督の考えを書き連ねるスペースです。

カテゴリ:アーカイブ(旧ブロマガ) > アーカイブ(旧ブロマガ):艦これ改




買いました。というか予約してたのが届きました。
「五月雨を手元に置くため」に買ったのが1番の理由ですが、私は一般的な戦略SLGの経験がほとんどないので、純粋にゲームとしても楽しみです。

この記事は単なるプレイ記録ですが、買うかどうか迷っている方、買う気はないけど中身が気になる方の参考(?)になれば幸いです。(画像多くて長いので注意)


ゲームを始めたら、最初に難易度を「乙」「丙」「丁」から選びます。
私は公式アナウンスに従って「丙」にしました。

続いて、ブラウザ版(以下「本家」)と同じように初期艦を選びます。
本家の5隻に川内・神通・那珂・睦月・時雨・大潮が加わり、選択肢は全部で11隻。
とはいえ序盤の建造やドロップで普通に出てくるので、どれを選んでもいいと思います。


五月雨っていいます。よろしくお願いします!護衛任務はお任せください!
の第一声を聞いた後、まず戦略画面に放り込まれます。

五月雨が動いてる!まばたきしてる!
(最初の日付は師走8日…なんの日かは分かりますよね)


最初の最初だけはチュートリアルのとおりに操作するといいと思います。

任務画面に行くと「はじめての建造」が出ているのでチェックして、


工廠に移動して、
(編成や任務などの各画面ではLボタンでサイドメニューが出せるので、いちいち提督室に戻らなくても大丈夫です。五月雨が見たいだけです)


建造をやってみます。手堅くALL30で。


夕立が来ました。

このあと「出撃してみよう」と言われるのですが、各種画面を一通り覗きかったので寄り道。

編成画面。
Vitaはタッチパネルなので、指でドラッグして編成位置入れ替えもできます。


任務画面でさっきの報酬を受け取っておきます。


物資(アイテム)画面。


本家でいうところの課金アイテムは「ポイント」で買います。
ポイントは開始時に3000持っていて、海域クリアなどでゲットできます。とりあえず入渠ドックを1つ増やしておくと便利だと思います。



さて、戦略画面に戻り、五月雨と夕立の2隻で出撃してみます。
事前情報が出たときにデザインが薄っぺらいと言われまくったUIですが、実際に触ってみると全く気にならないものですね。

本家の鎮守府海域と同じマップですが、マップBGMが2015春イベの曲(第三十駆逐隊、抜錨準備!)なので新鮮に感じます。


戦闘開始の前にコマンドを入力できます。
デフォルトは「砲撃」「砲撃」「雷撃」となっていて、序盤戦ではそのまま開始しても問題ありません。
試しに雷撃の割合を増やしてみます。


砲撃戦のあとの雷撃戦。
雷撃重視の指示により命中率がアップしたみたいです。


敵も味方も、水面の上に一枚絵が立っているシュールシンプルな戦闘描写。
本家の戦闘をそのまま立体化した感じといいますか。
自分で撮った画像を眺めていても、ここだけ見たらそりゃあ酷評されるよな…と言わざるをえませんが、


命中した時の爆発や効果音は本家より派手で痛そうなので、緊張感はそれなりにあります。静止画だとやっぱりシュールですが。
(※画像は少し後の建造で手に入れた大潮)


さすがにボス相手では力不足。
戦闘結果は本家と同じゲージ表示の後、数値(残り耐久値の合計)でも表示されます。
ちなみに経験値は本家と比べて結構多めに入り、レベルも速く上がる気がします。


さて、2隻とも大破してしまったのでドックに入ってもらいます。

「あと1日」で一瞬ビックリしますが、艦これ改はターン制SLGであり、24:00:00ではなく1ターンという意味です。


途中でチュートリアルの指示と選択可能な行動が噛み合わなくなることもありますが、あまり気にせず、選べるようになったタイミングでやりましょう。
(例:出撃を終えるとその艦隊は「行動終了」となるので、「演習をやってみよう」と言われても次のターンに進むまでは行動できません)


建造したり任務達成の報酬を受け取ったりして次のターンへ。

新入りを編成に加えて「演習」をやってみます。



(本日のベストショット:五月雨の表情が素晴らしい…)



「艦隊演習」は1艦隊だけで行う演習で、戦闘は行いません。
経験値が入り、演習の種類に応じて能力が上がることもあります。


複数の艦隊が同じエリアにいる場合は「対抗演習」もできます。
こっちが本家の「演習」に近いもので、挑んだ側(上の画像では第1艦隊)が経験値を得て行動終了となります。
挑まれた艦隊は行動終了にはなりません。


………と、ここまでやったところで盛大にドジを踏んでしまいました。
うっかりセーブせずにゲームを終了してしまったのです。
オートセーブではないので当然すべてパーです。本家を長く遊んでいる提督は特に気をつけましょう。


まだ序盤の序盤だったのが救い。
セーブする時は提督室でLボタンを押して「記録」を選びましょう。


操作に慣れたおかげで今度はサクサク進められました。
さっきは居なかった重巡も建造で運よくお迎えでき、艦隊として様になってきたように思います。

(やっぱり戦闘画面のスクショはなんともいえない感じがする)




本家でいう1-3を出現させ、任務報酬の家具コインで執務室を整えたところで今日はおしまい。
艦隊を他のエリアに「移動」させておらず、輸送艦の配備や護衛などもほとんど触っていないので、まだまだ覚えることは多そうです。



【以下スクショを撮りそこねた部分に関する補足、その他の所感、小ネタ等】

・(現時点では)UIで不便に感じたところは特にありません。
本体と一緒に買ったのでVitaに触ったのも今日が初めてですが、ボタン/スティック操作とタッチ操作の使い分けに慣れればスムーズに動かせる、という印象を受けました。

・装備変更は本家と同じように「改装」から。
艦娘選択→スロット選択→装備の種類選択→装備選択 の順。
装備変更によるステータス変化は本家と異なり「いま装備しているものに対する増分/差分」で表示されます。
例えば12.7cm連装砲(火力+2、対空+2)が入ったスロットに対して、10cm連装高角砲(火力+2、対空+7)を選択すると「対空+5」となります。

・近代化改修は艦が余ってないのでまだ試してません。

・同じレシピで続けて開発を行う場合、本家よりも速いペースで進められます。
資源集めが本家より難しい分、失敗率は低い気がします。調子に乗ってると開発資材があっという間になくなるので注意。

・夜戦連撃は本家より発動率がかなり低い気がします。コマンドによっても変わるのでしょうか(発動すれば威力は桁違いに高い)

・ロードが入る場面は多いですが、それほど長くは感じませんでした。


・各画面でLボタンを押した時のサイドメニュー「提督コマンド」では、妖精さんが画面右側から運ばれてくる謎の演出が。かわいい。


・家具屋で「プレビュー」を選ぶと、買う前に見た目をチェックできます。地味にうれしい。


▲本家ではサービス最初期からの提督だけ(多分)が持っている撮影セット

・母港(戦略画面および提督室)における秘書艦の表示時間が本家より長く、「嫁艦を手元に置きたい人」は幸せになれると思います。
立ち絵がちょっと動くだけで妙に感動してしまうのは何故でしょうか。アーケード版も見に行かねば…。

▲凛々しいベストショットをもう一度

・PSVitaでは「PSボタン+STARTボタン」でスクショを撮れます。簡単。
撮った画像は「LiveTweet for PlayStation Vita」(PS Storeで無料ダウンロード可) でツイートしたり、Wi-FiやUSBケーブル(本体同梱)経由でPCに送ったりできます。これも簡単。
ただしLiveTweetを起動する時は艦これ改を終了しないといけないので注意。



と、こんなところでしょうか。
「改」でも五月雨の活躍に期待しつつ、じっくり遊んでいきたいと思います。

【前回のあらすじ】
難易度「丙」・初期艦「五月雨」でスタートし、本家(ブラウザ版)との違いやVitaの操作を確かめつつ、セーブを忘れてやり直しになったりしながら1-2クリアまでプレイ。
戦闘の見た目に関してはツッコミどころ満載だったものの、全体としては割と好感触。
動く五月雨にテンションが上がりまくる提督であった。


(すでに攻略wikiができていますが、あまり見ないでのんびり進めてみます)

◇1-3といえば初めて戦艦に遭遇する海域。
火力を補強して次の1-4に備えるためにも、そろそろ空母がほしいところです。
350/30/400/350で建造を行い、無事に飛鷹をお迎え。

本家でも最初の(軽)空母は飛鷹でした。懐かしい…。

何度か羅針盤に振り回されつつ1-3に到達。
やはり空母の火力は凄まじく、無事S勝利で1-4が出現しました。

本家よりも連撃やカットインの演出が速く、よく見ていないと若干わかりにくいです。
(前回述べたとおり、威力が桁違いに高いので命中すれば一目瞭然ですが)


◇出撃の合間に、遠征任務を消化するため第2艦隊を送り出してみました。
「練習航海」「警備任務」は2日(=2ターン)、「海上護衛任務」は3日といった具合。

特にキラキラではなかったものの大成功。燃料が減ってたところなので助かりました。
(遠征や演習などの任務は「月」単位で更新されます。
遠征に送り出した艦隊は少なくとも2ターン動けませんし、その他の行動も艦隊ごとに1ターン中1回しかできません。
まだ艦隊が2つしかないので、30ターンで任務を全部こなすのは無理です。この辺りの感覚は本家と全く異なります)



◇1-4のマップBGMは2015冬イベの「吹雪、出撃す!」でした。
見た目や曲が変わると全く別の海域に見えますが、敵は本家とほぼ同じです。




空母を連れて出撃した場合、コマンドの初期設定は航空攻撃が先頭になっています。
これを2番目に変えてみたところ、最初の航空攻撃は敵だけが行いました。
こちらの行動はコマンドで色々変更できますが、敵の行動は本家とほぼ同じ順番で固定のようです。


ボス戦S勝利、めでたく最初の海域を制覇(そういえばトロフィー全然チェックしてない)。
本家と同じように任務報酬で赤城が着任しました。


1-4をクリアすると、南西に新しいエリアが出現します。


◇ところで、前回触れなかった「輸送船の配備」について。


本家と異なり、資源の自然回復はほぼありません(※)
エリアごとに輸送船団を配備しておくと、ターン開始時に資源を獲得できる仕組みです。
基本的に輸送船団には護衛をつける必要があり、本家よりも動員する艦娘の数がかなり多くなるため、最初はALL30で駆逐艦と軽巡をどんどん用意していくのがいいでしょう。

(※) 週や月が変わったタイミングでボーナス的に資源・資材がもらえます。




◇もうひとつ、前回触れなかった「エリア移動」について。
先ほど登場した新しいエリアに第1艦隊を移動させてみましょう。


もちろんエリア移動も行動のひとつなのでターンを消費します。

鎮守府海域から離れると、色々な制約があることに気付きます。

まず「工廠」が選べなくなっています。
開発や建造は鎮守府海域に居ないとできないのです。


入渠ドックは1枠しかないので、海域突破時にもらえるポイントを使って開放キーを買ったほうがいいかもしれません。
(私は今のところ出撃回数が控えめで、バケツにも余裕があるのでそのままにしています)


◇出撃する前に、新しく追加された演習や任務をこなします。
「艦隊演習」は最初「艦隊行動演習」だけですが、任務を進めていくと「砲戦演習」「雷撃戦演習」「対潜戦演習」「航空戦演習」「総合演習」が追加されます。

「航空戦演習」は空母がいる艦隊のみ実行可。
空母以外の艦は対空が上がり、空母は対空と火力が上がります。


「総合演習」では運も上がります。


演習任務を進めていくと報酬で装備がもらえます。
「『航空戦演習』を実施せよ!」では熟練零戦がもらえるので、空母をゲットしたら即やっておきましょう。


◇そういえば、1-4をクリアした時に勲章をもらっていました。

本家のEOのようにたくさん手に入るとは考えにくいので、とりあえず放置。


◇新しい海域に出撃してみましょう。
きっと本家の2-1と一緒だろうし、現時点での最強編成を出せばなんとかなるでしょう…





と思っていたら、本家にはない新マップが出てきました。
各マスでどんな敵が出てくるのか、無事に切り抜けられるか…
攻略情報のない状態でドキドキしながら進む感覚は本当に久しぶりです。

資源や渦潮マスを踏みながら、ぐるっと回り道(E→B→D→C→F→K)をしてボス戦に突入。

ボス旗艦はヲ級elite、2番目にリ級eliteと一気に強くなりましたが、他の4隻を片付けて無事A勝利。

次の海域(第2海域)は本家の1-5、さらに次(第3海域)は本家の1-6と同じで、編成も本家と同じように組んでクリアしました。

コマンド次第では本家より楽に進めるかもしれません。まだまだ勉強中。
今日の海域攻略はここまで。

その他の気づいたことなど、続きは別記事で。
(覚えることがたくさんあって大変です。記事も詰め込み過ぎないように気をつけます…)

(こちらの記事の続きです)

◇鎮守府海域以外のエリアに移動した時、注意することがもう1つあります。
「回航」です。


他エリアに移動した艦隊の編成を変更した結果、ターン終了時に「艦隊に属していない艦」が出た場合、その艦は鎮守府海域に戻る、ということです。
隣のエリアから鎮守府海域に戻るには1ターン必要で、回航中の艦は編成に組み込んだり装備をいじったりすることができません。

本家と同じ感覚で編成をガチャガチャ組み替えていると、次のターンで回航中の艦がたくさん出たりするので気をつけましょう。
例えば…

・第1艦隊が南方連絡海域にいる。
・南方連絡海域の2つ目(本家の1-5と同じ)に出撃するために編成をいじっていて、第1艦隊から飛鷹と赤城を外す。
・初霜を使おうと第1艦隊に入れたものの、やっぱりやめて外す。
・次のターンで飛鷹、赤城、初霜が回航中に。
・飛鷹が必要だったことに気づき、1ターン待ってから改めて第1艦隊に入れて出撃。


動かせる艦隊の数が増えれば自由度は上がってくると思いますが、まだ2つしかないので編成組み替えも一苦労です。


◇主力のレベルが上がってくると、「対抗演習」が威力を発揮します。

強い艦を片方の編成に集めて、育てたい艦で挑みます。
序盤の主力といえば軽巡や駆逐ばかりですから、潜水艦を建造して挑む側に入れておくと攻撃を吸ってくれて勝ちやすくなります。


勝っても負けても凄まじい量の経験値が入ります。


◇鎮守府海域で演習や遠征に明け暮れていたら、南方連絡海域が黄色く光って「反攻作戦」の準備状態に。


慌てて第1艦隊を送り込み、1つ目の海域でボスを倒して事なきを得ました。




◇五月雨がLv20に到達したので改造。
最初はタッチすると困り顔になってましたが、首を傾げるポーズに変わりました!かわいい!



◇任務のためにも戦艦が欲しくなってきましたが、資源に余裕がありません。
とりあえず輸送船を北方と南方にも配置して供給を安定させたいところ。
本家以上に兵站管理が大切ですね。

【前回のあらすじ】
戦力拡大、演習、輸送船団の配備、見たことのない新海域への出撃、反攻の動きを見せる深海棲艦の鎮圧…
本家とは異なる各要素に振り回されながら、徐々に「改」の雰囲気に慣れていく提督であった。


◇未だに艦隊が2つしかないので、莫大な経験値が入る対抗演習もあまり連発できません。
(遠征に出したり、任務消化のための艦隊演習をやったり忙しい)




それでも改造レベルに達する艦が少しずつ出てきました。


輸送船団が鋼材ばかり取ってくるので、今のところは改造しまくっても安心です。


◇なけなしの資源と開発資材を投入し、やっと戦艦を引き当てました。

本家でも最初の戦艦は山城でした。前回と同じ流れ…?


◇戦艦1、重巡2の編成任務が消化できました。これで第3艦隊開放につながる任務も出てくるかと思いましたが…

天龍型が揃わないと次の任務が出てくれなさそうな雰囲気ですね。
まだ龍田しかいないので、開発資材の残りを気にしながら建造を続けます。

軽巡が来た!と思ったらナカチャンダヨー、という本家の最初期と同じパターン。

ダブった艦を近代化改修に使うと運が上がります。
ただし、前回述べたように艦娘をたくさん動かす必要があるので、今のところ近代化改修の機会は本家と比べてずっと少ないです。


◇空母狩り任務のため1-4に何度か出撃して気づいたこと。

3つのコマンドを「航空砲撃雷撃」と指定すると、空母は最初の航空戦以外なにもしません。
本家における砲撃戦での強力な単体攻撃をさせるには、2番目以降に航空を指定する必要があります。
旗艦のレベルが高ければコマンドの数が4つ5つと増えていき、攻撃の手数を増やせるようです。


羅針盤に振り回されながら、どうにか任務達成。
本家と違って出撃できる回数が限られるので、たった2隻倒すだけでも一苦労です。


◇天龍がなかなか来てくれないまま月が変わりました。


駆逐艦は揃いつつありますが…

(そういえばALL30で出せるんでしたね)


(運が上がるんだから改修に使わざるをえない!)


◇北方泊地で怪しい動きが!どうする提督!(その4へ続く)



【前回のあらすじ】
次々と艦娘が改造Lvに達し、戦力の成長を実感した提督。しかし艦隊は未だに2つだけ。
任務の見落としにようやく気がついたものの、北方泊地海域で反抗の動きが出たため、とりあえず鎮圧に向かうのであった。


◇放置していた海域ですが、ボスを倒さなければならないので出撃です。
とりあえず現時点で一番頼れそうな戦力を出しましたが…



敵は水雷戦隊でした。最初から行ける海域ですもんね。



◇見落としていた任務。1-2のボスを倒すだけの簡単なお仕事です。

さらに任務を進めていくと、1-4のボスを倒す任務[修正:重巡旗艦で出撃する任務]が出現し、それを片付けることで…


やっと第3艦隊を手に入れました。
本家では川内型3隻を揃えることで開放されますが、
川内型が初期艦に含まれていることや、本家ほど気軽に建造を連打できないことを考慮しての設定でしょうね。

1-4ボス撃破の任務報酬が衣笠さんになっているのはビックリ。
まだまだ駆逐艦以外の建造は大変なので助かります。



◇五月雨は対抗演習の相手役が板についてきました。

「そんな攻撃じゃ敵は倒せませんよ!」

勝った時の経験値も多い時は5桁に突入し、本家でもお世話になった五十鈴や北上の養殖は1ターンで済んでしまいます。
システム上、出撃だけで育てるのは非現実的なので、これぐらいがちょうどいいのです。


まあ画像の五十鈴は養殖じゃなくて主力ですけどね。



◇そろそろ終わりにしようと思っていたら、またしても北方泊地のエリアが黄色に。
海域攻略のタイミングとしては悪くないですが相変わらず忙しいです。



▲戦略画面や海域マップをよく見ると、現実の地図とは微妙に違います。
世界観について考察(妄想?)の余地がありそうですね…。


ボスにはついにflagship戦艦が出ました。コワイ!


山城のおかげでなんとかなりました。(艤装で結果画面が見づらい)
初見ですから仕方ありませんが、こういう海域に軽巡を使うのはちょっとキツいですね。


改造ラッシュの影響で弾薬が少し心配です…。




◇毎日欠かさずタッチしている五月雨ですが、再びリアクションに変化が!

かわいい…。
今日の記事はこの1枚だけ貼って終わりにしようかと思ったぐらいです。
ケッコンカッコカリ目指してどんどん育てようと強く決意した瞬間でした。


↑このページのトップヘ