執務室から@五月雨が率いる佐鎮

Twitterに書くにはちょっと長くなるような、提督の考えを書き連ねるスペースです。

2018年05月

デイリー、ウィークリー、マンスリー(&EO)、クォータリー。
定期任務は資源、バケツ、改修資材などの供給源として欠かせません。

喉元過ぎれば…で忘れてしまった提督もいらっしゃるかと思いますが、今年(2018年)は元日が月曜日だったため、ウィークリー・マンスリー・EOに加えて新年任務まで同時に飛んでくる艦これ史上最も忙しい正月となりました。
マンスリー任務実装以降で見ると、2015年の元日は木曜、16年は金曜、17年は日曜でした。

では、今後そのような月・年はどれぐらいのペースで来るのでしょうか。
(Wikipediaカレンダーで誰でも調べられますが)

私はろ号を月1回しかやらないので(マンスリー目当て)、月初が月〜水曜だと前提のあ号も含めて忙しく感じます。今回はその辺りを重点的にチェックしました。
4年分ぐらい調べておけばひとまず安心でしょう。
ちなみに、1つ前の記事でろ号のスピード消化を試みています。


太字はクォータリー任務の更新月
月曜日で始まる月
2018年10月、2019年4月・7月、2020年6月、2021年2月・3月・11月

火曜日で始まる月
2019年1月・10月、2020年9月12月、2021年6月

水曜日で始まる月
2018年8月、2019年5月、2020年1月・4月・7月、2021年9月12月


と、こんな感じでした。
今年は比較的楽に過ごせそうですが、来年は少々忙しくなりそうです。
ずっと先の話ですが2021年がとても厳しい…



◆おまけ:元日が月曜日になる年
2018年、2024年、2029年

こちらに関しては心配無用。
今年の元日に頑張った提督は、むしろ貴重な体験をしたと思っておきましょう。

5月になりました。任務の時間ですね。

私はマンスリー任務のみを目的に、ろ号を月1回消化しています。
普段は「潜水艦ローテで2-2」とか「1周で必ず1隻狩れて副産物も多い5-4」などで頑張って終わらせるんですが、もうちょっと簡単で素早い方法があったらなー、と思っていました。

そんな中、Twitterで面白そうな編成を見かけたので試してみることに。


晴嵐が無ければ瑞雲12型とか瑞雲(六三四空)とかでいいと思います。増設スロットは適当。
燃料弾薬の消費は1戦で(33,32)、2戦で(67,65)となっております。
制空は111で、ボスのヲ級elite編成に対して航空優勢です。

装甲空母がEマスでの羅針盤ボス優遇の対象外であることを利用した編成ですね。

(攻略wikiより)

【利点】1周の早さ
(1) 3隻編成のため陣形選択が省略される
(2) 最上と三隈の疲労を無視できる[1] (大鳳はほぼ常時MVP)
 →(2') メンバー入れ替えの必要がない
(3) バケツの使用頻度が低い (中破寸前〜中破[1]ぐらいまでは放置できる)
(4) 2'と3より、画面遷移が少ない (帰投→補給→即出撃)

【欠点】資源消費の重さ (潜水艦ローテに比べれば)
※修理に使う鋼材はボスドロップの重巡・戦艦を解体すれば補える

[1] 遭遇状況、陣形、空母の損害状況や疲労などは航空戦の威力や命中に影響しない (艦これ検証wiki)


というわけで、実際に出撃してみました。

所要時間は約90分、消費バケツは10〜20個程度 (数えてなかった)。
「いきなり7回連続で逸れる」「残り3隻になってから7回かかる」といった不運はありましたが、それでも1周あたりの手間が極めて少ないためストレスフリーに感じました。
ツイートの提督は60分切りに成功しており、手早く済ませたい方にはオススメできそうです。
資源、バケツ消費など細かい記録を取り忘れたので、採用ついでに追試もいかがでしょうか。


↑このページのトップヘ