執務室から@五月雨が率いる佐鎮

Twitterに書くにはちょっと長くなるような、提督の考えを書き連ねるスペースです。

2016年02月

(本家の)冬イベントは明日で終了です。挑戦した提督の皆さん、大変お疲れ様でした。
今回も無事に甲作戦制覇できましたし、沖波もお迎えできたので個人的にはS勝利といったところです。


◇前回進出したばかりの海域で、さっそく輸送船が餌食になっています。
獲得資源がおいしい分だけリスクも高いということでしょうか。



◇今日の出撃任務はこちら。報酬の三式弾は後々出番があるでしょう。





◇中部西海域のラスト「沖ノ島沖」に挑戦しました。
本家(2-5)と同じように重巡航巡で固めてドラム缶2つ持たせれば北ルートだろうと思いきや、
南ルートで空母編成にぶつかり撤退。分岐条件が本家と違うのかもしれません。


逃げようとしたら敵の重巡が連撃を発動させて痛い目に遭いました。




というわけで、南ルートを想定した編成でもう一回。




4戦になるなら素直に戦艦連れてきた方がよかったかも…。
ひとまず中部西海域は制覇です。



◇反攻鎮圧を兼ねて「幌筵泊地正面海域」に挑戦。
3つ目の海域ですが、マップは単純で敵編成も大したことはありませんでした。



北方海域に手を伸ばすのはまた今度。



◇今日のメインは南方連絡海域の制覇です。



未知の海域を攻略する時は大抵「五月雨+戦艦2+重巡1+空母1+軽空母1」という編成で行ってみるのですが、あまり合ってなかったようで、こんなルートに…。


潜水マスを1回通ってボスは5戦目。
火力低下・回避低下のペナルティは恐らく本家と同じだと思います。
さすがに楽勝とはいきませんでしたが、それでもSは取れました。


エリアが広がりました。
ここは輸送船団を置くと燃料がたくさん貰えます。戦艦レシピの負荷が軽くなりますね。



ところで、このエリアは初めての「鎮守府海域に隣接していないエリア」です。ドックはありません。
つまり損害が出た場合は2ターンかけて鎮守府海域に引き返す……

…なんてことはせず、隣の南方泊地海域のドックを使う可能性が高いでしょう。
というわけでドックの数を増やしておきます。
「泊地」と名のつくエリアは本当に泊地として重要なのです。




◇五月雨率いる第6艦隊が南方泊地のドックを開けたのは、中部西海域への移動のついで。
昨日追い返されたオリョール海東部(2-4)に再挑戦です。


本家でも「最強の敵は羅針盤」と言われる代表的な海域ですが、幸運にも出撃2回目にしてボス到達。


こういう編成が相手でも、コマンドが5つあるおかげで昼戦だけで片付いてしまいます。
砲撃戦3巡はそれだけで強力です。


五月雨はほとんど指揮してるだけで敵から集中砲火を浴びるという憂き目に遭いましたが、とにかく突破成功です。




沖ノ島沖、ということは本家の2-5でしょうね。編成どうしよう…。


◇今日は建造で長良・妙高・筑摩が出ました。あと川内が改二になりました。




新しい艦が来たらとりあえず対抗演習で改造レベルまで上げるのが習慣になってきてます。
だいたい3〜4ターンあれば誰でもLv25まで上がりますから、本当に簡単ですね。


明日は南西諸島海域と沖ノ島沖あたりを攻めてみましょう。

◇満を持してトラック泊地に再突入します。今度は対潜も索敵も十分なはず…。


回り道をしつつ無事にボス到達。
敵はelite潜水艦1隻だけでしたが、T字不利を引いて苦戦しました。勝ったので良しとしましょう。




◇さらに次の海域にも出撃してみます。2015冬イベのE2と同じ海域で、やはり1年前の記事が役に立ちました。




金剛が大活躍でした。頼もしい。


◇任務報酬で明石が参戦しました。
本家と同じく「改修工廠」が使えるようになります。


本家では母港画面の「工廠」にカーソルを置くと入口が出てくる仕組みでしたが、改では「工廠」に入った後どちらか選ぶ形になりました。


▲提督コマンドでは、明石を旗艦にしていると「改修」が優先されるようです

2番艦によって改修可能な装備が変わる仕様は本家と同じです。
でも「改」には曜日の概念がなさそうですから、よく調べてみないと細かいところは分かりませんね…。

とりあえず任務消化のために1回だけ。
ネジは任務をやっていれば自然に増えますが、開発資材が少ないので本格的に進めるのは困難です…。



◇「第六戦隊」を「オリョール海東部」に出撃させる任務があります。
昨日クリアしたオリョール海西部の次ですね。


一応4隻とも育っているので思い切って送り出してみましたが、なんとマップは本家の2-4でした(画像撮り忘れ)。
外れルートに送られた上、flagship戦艦に殴られて撤退。
本家と同じく「前半の山場」になりそうな雰囲気です。


中部西海域はドックがないエリアです。
損害が出た場合は鎮守府海域に回航するか、艦隊ごと引き返さないといけないのが難点ですね。


◇今日は建造で祥鳳・榛名・弥生が、トラック泊地のボスドロップで愛宕が手に入りました。



榛名は即改造レベルまで上げて、主砲+主砲+偵察機+徹甲弾の構成にしたら非常に強かったので実戦が楽しみです。



◇今日も改造ラッシュで弾薬消費が激しいです…。





また北方泊地海域で反攻の動きが出てきたので、明日は海域攻略ついでに鎮圧(逆?)を狙います。
南の方もそろそろ攻略を進めていい頃合いでしょうか…。

前回の最後に「明日はトラック泊地に再挑戦」と書きましたが、今日はトラック泊地には一度も出撃していません。
レベリングと任務消化で1日費やしてしまいました。


◇改造ラッシュから数日、今度は改二ラッシュです。
那珂ちゃん・夕立・千代田・五十鈴・衣笠が次々と改造Lvに到達。またしても弾薬が…。





◇建造で金剛が来てくれました(画像撮り忘れ)。
扶桑と山城は既に改造済みなので、純粋な戦艦としては第1号です。


◇輸送艦狩りのためにバシー島へ出撃したら、やっぱり本家同様ボス送りにされました。
でもS勝利で古鷹と龍驤が来てくれたので良しとしましょう。


古鷹はLive2Dによるアニメーションで左目が点滅するようになっていました。細かい。



◇第6艦隊を開放したくなったので出撃任務を消化します。オリョールはイヤでち!




このマップを見た時「ああ、ここも本家にはない海域か」と一瞬思ってしまいましたが、本家のオリョール(2-3)です。色が違うだけで別の海域に見えました。


でもボス戦BGMは「敵艦隊、見ゆ!」(2014春イベ前半のボス曲)だし、elite戦艦が2隻もいるし、ほとんど別の海域です。
この曲は何度聞いても緊張感があっていいですね。


改二勢の力を借りて完全勝利。さすがです。

現時点でLv70以上は五月雨だけなので、コマンドを5つにするために旗艦に据えています。
例えば「航空砲撃航空砲撃雷撃」と指定すると、
・航空戦
・砲撃戦1巡目(弾着観測あり、空母は何もしない)
・砲撃戦2巡目(弾着観測なし、空母も攻撃する)
・砲撃戦3巡目(弾着観測あり、空母は何もしない)
・雷撃戦
という具合に、攻撃の手数が大幅に増えます。

近代化改修が十分でなかったりレベルが控えめだったり装備が貧弱だったりしても、敵を全滅させるチャンスが十分できるわけです。
嫁艦を優先して育てるプレイスタイルにもメリットがあるのは嬉しいですね。


めでたく第6艦隊開放。ここまで増えるとレベリングも出撃も遠征も自在に回せますが、


本家とは文字通り別世界の艦隊運営を要求され、そろそろ頭が混乱してきます
初回プレイのうち、艦隊が4つ以下の間は「本家と改の違いに慣れる期間」、
そこから先は「艦これ改というSLGに慣れる期間」と言えるかもしれません。これまた新鮮な感覚です。


明日こそトラック泊地に出撃します。明日こそ。

今日は熱中しすぎて記事をつくる時間がなくなったので、超ダイジェストでお送りします。

◇提督室では十字キーで艦娘の位置を左右に動かせますが、真ん中に持ってきたら絵的に何のゲームか分からなくなりました。

(恋愛シミュレーションか何かでしょうか…)


◇今日の建造では青葉・加古・金剛・天龍をお迎えしました。




◇「第六駆逐隊で1-5(南方航路)に出撃する任務」は改にもあります。
駆逐4隻なのでボス手前で逸れたりしますが、全力で逃げれば本家よりも軽い損害で済みます。想像するとちょっとかわいい。
挑戦2回目で無事完了。





◇バシー島の任務が2つあったので両方片付けました。
思いの外あっさり終わって、輸送艦が全然狩れなかったのが惜しいですね。




◇別の任務で再び南方航路へ出撃したところ、ボスドロップで川内が。
めでたく第5艦隊開放、これで自由度は一気に高くなりました。対抗演習も捗ります。





◇ついに大型建造ができるようになってしまいました。
画像で判るとおり資源には余裕が出てきましたが、当面は普通の建造を続けます。



◇怒涛の対抗演習によりハイパー北上さまが誕生しました。
五連装魚雷を五月雨に譲り、演習の相手役に即転身です。重雷装練習巡洋艦



◇比較的低いレベルで改二にできる艦を優先して育てていますが、とりあえずレベリングは順調です。




明日はトラック泊地に再挑戦しましょう。


↑このページのトップヘ