執務室から@五月雨が率いる佐鎮

Twitterに書くにはちょっと長くなるような、提督の考えを書き連ねるスペースです。

2015年02月

今回のイベントでは、E4の南ルートを進むと2戦目で輸送艦3隻が必ず出現します。
2-2でも2-3でも羅針盤にそっぽを向かれ、4-3に行けばハズレの戦艦編成を引いてボロボロ!とお嘆きの提督にとっては最終手段になるかもしれません。
5-4行けば済む話ですが。

確実に南ルートへ進むための2条件
・低速艦を1隻以上入れる
・那珂or阿賀野or舞風+野分を入れる
……を満たしつつ、省エネやらレベリングやらを多少考慮した編成を組んでみました。



初戦のflagship空母/軽空母が唯一の障壁です。対空カットイン要員は必ず入れておきましょう。
那珂ちゃんの攻撃力を上げるために航空優勢は取っておきたいところ。
雷巡に木曾を選んだのは大井北上より弾薬消費が少ないから。潜水艦でもいけそうですが、輪形陣が怖いので今回は見送りました。

適当感あふれる編成ですが、









反航戦なら被害はほとんど出ないので楽勝です。
2戦目の昼で片付かずに夜戦をしても、この編成なら消費は燃料72弾薬114。そんなに悪い数字ではありません。
難易度が乙なら初戦の敵空母は1段弱くなり、丙なら駆逐艦が後期型ではなくなるので潜水艦にもチャンスが出てきます。
羅針盤に悩みたくない提督はお試しあれ。



先日こんなのを投稿しましたが、この記事では動画に関する補足事項をまとめておきます。

・やってみたこと
軽巡、航戦、駆逐艦のそれぞれにWG42(Wurfgerät 42)を装備させ、3-5にいる北方棲姫に砲撃させます。
陸上目標の敵には特殊な攻撃エフェクトが発生します。
対潜装備と違って陸上目標に攻撃が吸い寄せられるわけではなく、他の敵を普通に砲撃することもあります。

・装備
(1) 大淀:20.3cm(3号)連装砲10cm連装高角砲+高射装置WG4214号対空電探
道中事故を防ぐため対空カットインと両立。
(2) 山城:試製41cm三連装砲試製41cm三連装砲WG42瑞雲12型
連撃装備。
(3) 秋月:10cm連装高角砲+高射装置13号対空電探改WG42
最初は秋月砲×2にしていましたが、対空カットインがあまり出ず道中で痛い目に遭うので夜戦連撃は諦めました。

・現象まとめ
試行回数が少ないので参考程度に。
(1) 昼戦では基本的に通常の割合ダメージと同じ程度しか与えられなかった
(2) 動画内で一度だけ、大淀が昼戦にもかかわらず100ダメージを記録
(3) 夜戦では大淀・山城が連撃で有効なダメージを与えたが、三式弾ほどではなかった
(4) 秋月は昼戦、夜戦とも割合ダメージ以上の攻撃は見られなかった

・考察
三式弾のように「陸上目標に対して特別な効果がある」のは確実でしょう。
昼戦ではそれほど効果がなく、夜戦でダメージが増える点も三式弾と似ています。
現象(2)の昼戦100ダメージについても、三式弾で同様の現象が発生しているのでWG42特有のものではないと考えられます。
(動画の6:17あたり。三式弾を持った中破状態の筑摩が昼戦で120程度のダメージを記録)



・動画でやっていないこと
(1) WG42以外の装備を色々変えてみる
他の何らかの装備と相乗効果があるのかないのか、までは調べていません。
(2) 潜水艦に砲撃をさせる
潜水艦に持たせると夜戦で陸上目標に砲撃をします。
こちらは他の提督さんが検証されていますが、これといって大きなダメージは出ていないようです。

・動画外でやってみたこと
山城に三式弾とWG42を両方持たせて攻撃させてみましたが、昼戦では目立ったダメージを与えられず。
夜戦連撃は三式弾だけを持たせた場合と同じぐらいで、両方持たせても威力が上がるわけではなさそうでした。

【E5:トラック諸島海域】
オマケ海域その2。甲の場合は“トリプルダイソン”が待ち構える史上最凶の海域です。


(画像はwikiより)

ここでも史実のトラック島空襲を経験した艦でルート固定が可能です。
詳細情報は各攻略ブログなどに十分出てきているので省きますが、
「第1艦隊に明石or香取がいればAからC、第2艦隊に那珂or阿賀野がいればスタートからB」という感じです。
また第2艦隊に雷巡2がいると(?)スタート→A、潜水艦1を入れておくとスタート→A→Cが固定です。

・編成
削りと最終形態で編成や装備が大きく異なります。

*削り第1艦隊
隼鷹改二(97):烈風改+烈風+烈風601+司令部施設
武蔵改(98):46cm砲+試製41cm砲+一式徹甲弾+観測機
大和改(97):同上
霧島改二(97):試製41cm砲+試製35.6cm砲+観測機+32号電探
山城改二(96):試製41cm砲+試製35.6cm砲+FuMOレーダー+瑞雲12型
千代田航改二(97):烈風601+烈風+烈風+烈風

*削り第2艦隊
五月雨改(150):艦首魚雷+秋月砲+13号電探改
大淀改(85):SKC20.3cm砲+2号砲+夜偵+照明弾
伊58改(99):四連装+四連装
雪風改(77):五連装+五連装+四連装
大井改二(99):SKC20.3cm砲+2号砲+甲標的
北上改二(99):五連装+五連装+甲標的

*削り決戦支援艦隊 (全員キラ付け)
Bismarck drei(110):46cm砲+38cm砲改+試製35.6cm砲+33号電探
長門改(95):試製51cm砲+41cm砲+38cm砲改+32号電探
飛龍改二(98):彗星一二+彗星江草隊+彗星一二+22号電探改四
大鳳改(109):彗星601+彗星一二+彗星一二+32号電探
夕立改二(77):12.7cm砲★4+12.7cm砲★4+12.7cm砲★4
綾波改二(78):同上

ポイントとしては司令部施設でボス到達率を高めること、伊58でルートを固定すること。
水上打撃艦隊ならば第1艦隊が先になり対潜艦を一掃できるので、潜水艦が攻撃を受けることはほとんどありません。
キラ付けさえ怠らなければ道中支援は不要です(多分)。
決戦支援を出せばボス撃破もしやすく、スムーズに削れます。

五月雨は対空カットインと夜戦カットインの両立。この威力だとボスの戦艦水鬼には通りませんが、随伴艦ぐらいは落とせます。


*最終第1艦隊(クリックで拡大)

第2艦隊で可能な限り夜戦火力を確保するためルート固定を明石に切り替え。
言うまでもなく打たれ弱いのでダメコンを2つ積み、道中撤退を無理やり防ごうと考えました。あと対空カットイン。

戦艦水鬼や随伴の戦艦棲姫にまともなダメージを与えられるのは大和型の2人だけ。
したがって砲撃戦2巡目は高速戦艦2隻が先、大和と武蔵が後になるようにしました。
強い方を後ろに置くのは夜戦の時と同じ考え方です。
キラ付けは丁寧に。明石は1隻だけで演習に出せば付けられます。

*最終第2艦隊(クリックで拡大)

五月雨も含め、魚雷カットインに全てを賭けます。
先人の知恵を借りて「戦艦水鬼にまともなダメージを与えられる装備構成」を意識しました。
大井はこの装備なら連撃でも大丈夫。
妙高は魚雷ガン積みではなく3号砲2つにすると昼戦火力と夜戦火力を両立できてお得です。
出撃直前に教えてくださった方に感謝。

*最終決戦支援艦隊 (駆逐艦2隻以外はキラ付け)
陸奥改(95):46cm砲+試製41cm砲+38cm砲改+33号電探
長門改(95):試製51cm砲+試製35.6cm砲+38cm砲改+32号電探
飛龍改二(98):彗星一二+彗星江草隊+彗星一二+22号電探改四
大鳳改(109):彗星601+彗星一二+彗星一二+32号電探
夕立改二(77):12.7cm砲★4+12.7cm砲★4+12.7cm砲★4
綾波改二(78):同上

駆逐艦2隻はキラ付けが面倒だったのでやりませんでした。
甲の最終形態は6隻とも装甲が強く、駆逐艦の差は微々たるものだからです。
正直なところ夕立や綾波でなくても構いません。


・突破までの経過
ルートは削り編成がA→C→E→H→J、最終形態がA→C→E→H→JとA→C→E→G→Jの2通り。



なんと道中撤退ゼロ、出撃9回というスピード突破となりました(キラ付け大変だったので1日掛かりでしたが)。
資源消費は燃料17000、弾薬15300、鋼材11700、ボーキ1100、バケツ57でした。


人によっては最終形態で資源も精神もすり減らす凄惨な戦いになるので、くれぐれも準備は万全に。
そして何より難易度を丙に下げる冷静な判断力と勇気を失わないようにしましょう。見極めが重要です。

ここで決まってなければ追加で10周20周していた可能性は普通にあった、ということです。




ともあれ、今回も無事に完全制覇を成し遂げました。





この勲章は全ての海域で五月雨が活躍した証でもあります。感無量です。


イベント期間はあと10日。
これから挑戦される方も、自分の目標に向けて頑張ってくださいね。
ありがとうございました。




【E4:トラック諸島海域】
オマケ海域その1。通常艦隊で出撃します。



(画像はwikiより)

史実のトラック島空襲を経験した艦でルート固定が可能です。
・野分&舞風
・那珂
・阿賀野
のいずれかが艦隊に入っていればB→D→G→I→Kのルートを進むことができます。
ボスでの夜戦火力を確保するため、制空権を投げ捨てて空母なしの編成を組みました。

・編成

I→Kで索敵判定がありますが、この装備で問題ありませんでした。司令部Lv110です。

雪風でなく初霜を選んだのは単純にお気に入りなのと、五月雨以外で最もレベルが高い駆逐艦なので。
制空権を取れないため武蔵と大和の徹甲弾はおまじないに近い状態ですが、ボスへのクリティカルに少しは貢献してくれたかも。

駆逐艦の連撃はボス戦での威力が期待できないので、秋月を入れずルート固定要員の那珂ちゃんに対空要員を任せました。
FuMOレーダーは万能ですね。

この装備構成は最終形態突入までで、ラスト1回は初霜が四連装魚雷×3、北上が五連装魚雷×2+甲標的です。カットインに全てを賭けています。


*決戦支援艦隊

例によって旗艦だけキラキラ。ボスの取り巻きが弱いので結構片付けてくれます。
今回のイベント、秋月はほとんど出撃せず支援に徹しているような…


・突破までの経過
ルートは全てB→D→G→I→Kです。

1回目:ボス撃破成功(1)
2回目:ボス撃破成功(2)
3回目:ボス撃破成功(3)
4回目:ボス撃破成功(4)
5回目:ボス撃破成功(5) 最終形態へ
6回目:ボス撃破失敗  北上大破、初霜カットイン不発
7回目:ボス撃破成功



やはり北上は最終兵器。
終盤は五月雨の被弾が多くカットインこそ活かせませんでしたが、探照灯のおかげでボス戦では攻撃を引き付ける役割に徹してくれました。これも立派な活躍のうちです。

大和型を自由に使える鎮守府であれば、那珂ちゃん等によるルート固定を強くオススメします。E2やE3よりも楽です。
難点は対空カットインが出るか出ないかで戦果が激変することぐらいでしょう。
陣形は全て単縦で。

資源消費量は燃料7000、弾薬5700、鋼材4600、ボーキなし、バケツ30でした。

【E3:トラック泊地沖】
(表向きは)最後の海域。連合艦隊で攻めるマップです。


(画像はwikiより)

この記事を書いている時点ではwikiにルート分岐の情報が出ていませんが、3戦で済むルート(C→E→H→K)の編成は「戦艦2・航巡2・空母2+軽巡1・重巡1・駆逐4」が有力です。
高速統一か航巡2がカギになっている印象を受けましたが、詳しい検証が待たれます。

・編成(クリックで拡大)
C→E→H→K以外は通らなかった編成です。

*第1艦隊

連合艦隊は全体的に砲撃が当たりにくいので、命中の上がる装備を多く持たせましょう。
3号砲より2号砲、46cmより試製41cm。

*第2艦隊

プリンツの装備は命中を大幅に上げられるのが嬉しいところです。
ボスの軽巡棲鬼が固いと聞いて駆逐艦はカットイン装備のオンパレードに。
もっとも実際にはカットインの前に昼戦でケリがつくか、まともに撃てないほどボコボコにされるかの2パターンでした。
対空カットインといえば秋月ですが、妙に大破が多かったので吹雪と交代。

*決戦支援艦隊
最終形態を確実に倒そうと思って出してみましたが、正直無くても大丈夫だったので割愛します。

・突破までの経過
1回目:C大破撤退
2回目:A→B→C→E→H→K ボス撃破失敗
(画像とほぼ同じ編成に変更)
3回目:C→E→H→K ボス撃破成功(1) 以下全て同じルート
4回目:C大破撤退
(対空カットイン要員を秋月から吹雪に交代)
5回目:ボス撃破成功(2)
6回目:ボス撃破成功(3) 最終形態へ
7回目:ボス撃破失敗
8回目:ボス撃破失敗
9回目:C→E→H大破撤退
10回目:ボス撃破成功 


7回目はボス戦で被害が増えすぎて夜戦で仕留められず、
8回目はT字不利+カットイン不発、
9回目は中破状態のダイソンに殴られ大破…と結構手こずらされましたが、
最後は昼で随伴艦を一掃する理想的な展開に持ち込めました。
五月雨の探照灯は最後の出撃だけ。もっと早く持たせておけばよかったかも…。

資源消費量は燃料5000、弾薬4600、鋼材2500、ボーキ1200、バケツ45でした。

1日でE1〜E3まで一気にクリア。充実感がありますね。
明日はE4頑張ります。

↑このページのトップヘ